幹細胞コスメってなに?|成分や効果とは?

マトリックスエキスのスポイトDDS マトリックスエキス

幹細胞コスメってなに?期待の成分や効果についても解説

再生美容のイメージ

そもそも幹細胞ってなに?

幹細胞とは、再生医療で注目されている「何にでもなれる細胞」のことです。

再生医療では、この細胞を任意の臓器に培養して使います。

でも実は、幹細胞コスメに使われているのは、幹細胞そのものではありません。

幹細胞コスメには実際何の成分が入ってるの?

正確には幹細胞そのものではなく幹細胞培養エキス

幹細胞コスメには種類があって、植物性のものと動物性のものが存在します。

植物性のものには製品によっては幹細胞自体が入っている可能性がありますが、動物性のものには幹細胞自体が入っていることはありません

実際に使われているのは、幹細胞を培養したときに出る副産物のエキスなのです

成分名は「ヒト脂肪細胞順化培養液エキス」などで記載

「幹細胞エキス」などと呼ばれる再生美容の成分ですが、化粧品の成分としての記載は「ヒト脂肪細胞順化培養液エキス」などと表記されていることが多いです。

その製品はこちら↓

マトリックスエキス

マトリックスエキス

「ヒト脂肪細胞順化培養液エキス」も製造も日本製のこの製品についてはこちらの記事で解説

実は製品によって、若干違う表記がされています。

多くの幹細胞コスメと呼ばれる化粧品で似たような表記が使われていることが分かります。

そのほかにも参考にさせて頂いた製品がこちらの3製品です。


 

この製品には、原料のところに「ヒト脂肪間質細胞順化培養液」と記載があります。

少し書き方に違いがありますよね。

この製品は日本製としながらも、一部の原料を台湾の有名メーカーから仕入れているようですね。

 


 

こちらの製品は初めにご紹介した製品と同じ名前の「ヒト脂肪細胞順化培養液エキス」で原料の記載がありました。

通販サイトではかなり売れているようですね。

原料には「ヒト脂肪細胞順化培養液エキス」に加えて「プラセンタエキス」が入っていて、独自の組み合わせです。


 

最後はTVCMでおなじみの湘南美容クリニックから発売の製品です。

価格も良心的で、通販サイトでも2019年7月に楽天売上ランキング総合1位を獲得しています。

有名どころは売れ行きも良いですね。

ちなみにこちらも原料には「ヒト脂肪細胞順化培養液エキス」と記載があり、同じ成分を配合しているのが分かります。

幹細胞コスメに期待される効果は?

では、実際どんな効果が期待されているのか解説していきたいと思います。

あくまで期待されているという話なので、保証されるものではないことをお断りしておきます。

近年、再生医療で注目され、有名になったのは幹細胞を培養して移植するというものでした。

実はこの幹細胞を培養する過程で生まれる副産物のような物質が培養液なのです。

この培養液自体にも細胞を再生、培養する力があることが、ある大学教授の研究で分かったのです

そこで、幹細胞を培養して移植するより効率的でリスクも少なく、低コストなのではないか?となったわけです。

その後研究は進み、培養液でも副作用なく細胞を再生させることに成功したそうです。

私もニュースでそのことを聞いたので、よく覚えています。

誤解のないように付け加えておくと、成功した実験では幹部の細胞に直接注射していました。

ですが化粧品の場合には、同じ成分を使ったとしても、基本的には健康な皮膚の上から塗布するものです。

人間にはバリアがありますから、皮膚から内部に浸透するのは容易ではありません

なので、幹細胞培養エキスが入っているから効果があるというわけではありません

そもそも化粧品の最大の課題は浸透力だと言われています。

浸透しなければ、どんなに良い成分であっても実際のところ無意味です。

ですから、幹細胞コスメと呼ばれる製品でも、使っている成分が同じであれば、「肌に浸透させる工夫」というものが重要になってくるのは間違いないです

もしその工夫がされていないとすれば、個人的には従来の幹細胞コスメでない製品と変わりはないと思っています。

効果が書いていないから口コミを探す

最後に、口コミを使った製品の見分け方をご紹介します。

何らかの効果を期待して使う化粧品ですが、実際のところ、化粧品は効果効能として記載できません

なので、どの製品の紹介ページをみても、効果や効能をハッキリ書いてあるところはありません。

だから迷ってしまうんですよね

やっぱり一番参考になるのは、実際に買った人がつけている評価だと思います。

個人差があり、効果が出ない人も一定数は出ると思うので、低評価があっても大丈夫です。

合的に見て、良い評価の割合が多い製品が良いと思います

当たり前の見分け方ではありますが、どんな製品でもこれが一番王道の選び方ですね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました