やりたい仕事の見つけ方|高校生や大学生、新卒や転職まで共通すること

成功者の習慣

やりたい仕事の見つけ方|高校生や大学生、新卒や転職まで共通すること

最近、キングコングの西野さんのお話が面白くて、よく聞いてるんです。

その中で、ふと感じたことを、今回は忘れないうちにお話ししておこうと思い、記事を書いています。

今回のテーマは、「やりたい仕事の見つけ方」ということで、中学生、高校生、大学生、新卒の方や転職を考えている人まで、幅広くこのことについてお伝えしたいなと思いました。

【極論】決着するところはお金ではない

キングコングの西野さんが言われていたことは何か?

それは、「努力は自然にしているから、全く苦ではない」「朝起きてから寝るまで、ずっと自分の仕事に没頭しているんです」という内容でした。

このようにもおっしゃってました・・

お金のためだから頑張れるんだろうとか、何か裏があるんだろうとか言ってくる人は、多分僕らに勝つことは絶対できないと思います

堀江 貴文さんみたいなトップクラスの人って、みんなそうなんですよ、結局お金のためではない、本気でキレイ事言ってる人なんだと思う

「ただ、活動費など、例えスタッフさんの給料とかは必要ですからね、私利私欲のお金は僕はいらないという意味です」

ちょっと、私なりに解説しますね

  1. 好きなことをしているから、努力とは思わない(他から見るとめちゃめちゃ努力してる)
  2. 目が覚めてから寝るまで、自分のやろうとすることに取り組んでいる
  3. お金のためだから頑張れるのだろうと言っている人は、好きでやっている人を超えられない
  4. 運営費と生活費は確保しなければいけない、それは前提条件

それで、やっぱり行きつくところはお金じゃないんだなって思えたんですね

少し肩の力を抜くことができたので、西野さんに感謝しています。

私も他の記事で散々、お金を稼いでから好きなことをやればいいようなことを言っていますが、ブログのタイトル見て頂ければわかるんですけど、答えはお金にはないんです。

幸せな成功者というブログタイトルの意味は、簡単に言えば、自分が死を迎えるときになって、良い人生だったと思えるかどうかです。

お金だけ無理くり稼いだとしても、死んだら持ってはいけません。

ただ、お金は人生において大切な道具であることは間違いないので、お金を稼ぐことを無視したら何もできません

実際、西野さんはオンラインサロンなどでたくさんのお金を稼がれています。

この事を念頭に置いて、ちょっと違う角度からお話を続けます。

学校教育だから正しいと思ってはいけない

結構皆さん勘違いされているのが、「学校教育だから絶対正しい」という思い込みです。

社会に出てから、学校ででたテストの問題を思い出して仕事をこなしたことがあるでしょうか?

あったら教えて頂きたいです。

先日、与沢翼さんが、唯一身につけた方が良いのは、「語学力、読解力、伝える力だ」というようにおっしゃっていました。

つまり、ビジネスをする相手は人間であるから、例えば資金を集めたりするのにも、本質を見抜き、相手を納得させる力が必要だということです

これには私もハッとしました(笑)

私は国語が苦手でした・・

話を進めますが、特に日本の学校教育は、労働者を育成するための教育なんです。

なので、全然経営者向きじゃない。(お金を稼ごうとする人に向いていない)

私は現在、仮にも経営者で、大学は経営学部でしたから、よくわかるんですが。

そもそもお金の稼ぎ方を教えられる先生は学校にはいないと言っても過言ではありません。

そこは多分私の方が詳しいです(笑)

「労働する人=社会人」ではない

ここで、誤解を恐れずにお伝えすると、労働している人が偉くて、していない人がダメな人ではないということ。

お金を自分で稼ぐことができないのはダメなんですが、逆を言えば、お金を稼いでいる人はとても魅力的な仕事をしていると言えます

でもそれは必ずしも労働じゃない。

だから自分よりも稼いでいる人は、たとえ暇人だったとしても、自分より魅力的な仕事をしているということです。

仕事という言葉を言い換えるとすると、価値の創造です。

重要なことなので、赤線引きました。

一生懸命仕事をすること自体がお金を生むわけではないところに注意してください

これを間違えると、一生お金の束縛からは自由になれません。

学校の先生は教えてくれませんから。

【結論】やりたい仕事の見つけ方

なんだか頭の中が混乱してきましたか?

そうだと思います(笑)私も分からなくならないために、覚書もかねてこの記事を書いています。

多分、これから自由な人になるか、一生お金の束縛を受けるかという課題は人生で一番考えなければいけないことかもしれません。

 

最後にやりたい仕事の見つけ方」をまとめますね。

1.自分が好きなことは何か?(やりたい

朝起きてから寝るまで考えたりやっていても飽きないことをよく考えてみる

こればかりは本人でないとわかりませんね。

例えば私はPCが好きで、自分のPCはいつも中古を買って、最強のスペックに作り替えて使っています。

このような時にはセットアップなどに時間がかかるので、2日ぐらい没頭して作業することがあります。

私の目標は、格安PCを数台運用して、FXの自動売買を行うことです(笑)

めっちゃ楽しいです(笑)

2.価値の創造=お金を稼ぐこと(仕事

そこにどんな価値があり、どんな人たちがどのようにお金を提供してくれるのかを考える

お金の入ってくる仕組みを作る

例えば西野さんはオンラインサロンを運営されていますが、このオンラインサロンは月額制で安定的に収入が入ってくるように作られています。

ほとんどは使いたい事業等に割り振ってしまって残さないそうですが(笑)

オンラインサロンに入会側のメリットですが、いろんな分野で意識の高い人たちがいるので、交流する中で興味を持って頂いたりして、お客さんになったり、B to B(ビジネスパートナー)として仕事を発注、受注することも可能というわけです。

もう一つメリットがあって、一般的にネットを使うと誹謗中傷等が怖いと思われていますが、オンラインサロンは会員制なので秩序が保たれているという点です。

これら、利用者のメリットが価値の提供です。

西野亮廣エンタメ研究所 公式ページ

ネットは利用しなければこれからの時代に生き残ってはいけないと思った方が良いです。

月額課金のゲーム等を少し減らして、本を1冊買っていると思ってオンラインサロンに入会する、そして積極的に交流するだけでも控えめに言って人生変わると思います。

 

高校生の方は?

これから就職をするか大学に進学をするかの二択になるかと思います。

これだけは言えるのですが、大学は名前で選ばずに、自分が好きなジャンルの学部を選ぶべきです。

理由は、続けることができるからです。

会社員で一生やっていくとなったとしても、好きなジャンルの仕事をやることで、お金の束縛からは自由になれると思います。

逆に、自分が好きなジャンルの学部に行けなければ、言い方は悪いですが、行く価値がありません。

お金の無駄だと思います。

私がもしその状況なら、その資金を使って投資で運用します。

そして増やした資金で自分の好きな事業をします。

それまではとりあえず会社員でも良いでしょう。

大学生は?

あなたは今やりたいことを勉強しているでしょうか?

没頭しているでしょうか?

自分がやりたいとすることに最も時間を割くべきです。

もし今の環境でそれが叶わないなら、やりたい学部への編入か、退学という選択肢があります。

なぜそんなことを言うのかといえば、おそらくあなたはやりたい仕事をしたくてこの記事にたどり着いたからです。

私は大学生の時に経営者の方の講義に衝撃を受けて、自分はどう生きるべきかをマジで真剣に考えました。

おかげで白髪だらけになって、自分でもびっくりしました(笑)

でもやっぱり、自分がやりたいと思えないことは何やっても続かないので、やりたいことを仕事にすることを選びました。

続けられることってめっちゃ重要ですよ。

あと、本当に自分のやりたいようにやるなら、自分で事業を立ち上げるしかありません。

誰かの下で働いていてやりたい仕事なんて、99%無理だと思った方が良いです。

新卒者は?

就職先が1%くらいの確率で、自分のやりたい仕事かもしれません。

でも違ったら、それなりになるべく効率よく業務をこなして8割くらいのパワーで行くことをお勧めします。

法律に触れない程度にずる賢く仕事をこなすのが良いでしょう。

そしてそれとは別に自分が朝から晩までやっていても飽きないことを探しましょう。

見つかったらそのことについて徹底的に勉強しがら、どんな価値が想像できるかを模索しましょう。

ネットが便利な時代になりましたので、いくらでもビジネスのやり方はあります。

転職者は?

今の仕事に魅力を感じていないか、物足りないか、もしくは少ない給料を稼ぐのに疲れてしまっている人でしょうか?

まず、物足りないからもっと自分を伸ばしていきたい人は、何を重視するかだと思います。

好きなことを仕事にしたいのであれば、収入が減ることも覚悟しなければいけませんので、その点はご注意ください。

次に、魅力を感じていない人は、やっている仕事に対して価値を見いだせていない可能性があります。

リスクを負いたくなければ、それらしい会社に転職するのも良いですが、自分で事業をするのも視野に入れると良いかもしれません。

それから、給料に不満がある人は、おそらくやりたい仕事からかけ離れているのだと思います。安易に事業の立ち上げはお勧めできませんが、もし朝から晩までやれることがあれば、そこから事業の立ち上げは可能だと思います。

最後に

いかがでしたでしょうか?

ここまで読んでいただいた方は相当熱心な方ですね。

読んでいただいてありがとうございます。

私が大学生の頃は人生ってなにかとずっと考えていました。

哲学の講義の時に、キルケゴールという思想家で哲学者の言葉が刺さったんです。

キルケゴールは「生まれてくること自体が苦である」と言っているんですね。

とらえ方を間違えるとえらいことになるのですが、もしそうだとすれば、人生は自己満足できなければ(楽しく生きなければ)損ではないかと思ったのです。

だからお金の奴隷になる人生なんて無理です。

ぜひやりたいことが仕事になると良いですね!

タイトルとURLをコピーしました