【簡単しっかり】セルフで白髪染め!光で染まるヘアカラージェル

DDS マトリックスエキス

簡単でしっかり染まるヘアカラージェルでセルフ白髪染めに挑戦

マトリックス化粧品のヘアカラー

これまでセルフの白髪染めは難しかった・・

白髪染めってたくさんありますよね。

これまでにも試してみて、「いまいち満足いかない」なんてことがあったのではないでしょうか?

これまでの白髪染めは染め終わったらすぐに洗い流さなければならず、そもそもお風呂に入る前などでないと染められなかったりします

しかも「一発勝負」みたいなところがあり、塗り方を失敗するとうまく染まらなかったりしますよね

そこで今回は、そんな白髪染めの悩みを解決し、簡単に楽しくする白髪染めをご紹介しながらご説明します。

この記事を書いているつい先日、発売になったばかりのヘアカラージェルで、発売前から多くの関係者から注目を集めていました。

ヘアカラージェルとは?

ヘアカラージェルは染料がジェル状になっていて垂れにくく、塗布しやすいタイプのものです。

ヘアカラージェルで検索すると、ジェルではないヘアカラーもたくさん出てくるので混乱します。

今回ご紹介しているマトリックス化粧品のヘアカラージェルはちゃんとジェル状になっていて塗りやすいです。

アイテックというマトリックス化粧品を取り扱う会社が発売していて、複数の美容成分も配合しているのが特徴です。

それでは早速使い方から解説していきます。

 

ヘアカラージェルの購入はこちら

詳しい購入方法はこちら

【実際に使ってみた】マトリックスのヘアカラージェルの使い方

公式サイトに動画があったのでまずはそちらをご覧になると基本的な流れはつかむことができます。

DDS MATRIX ヘアカラージェル

【ヘアカラージェル】具体的な使い方

取扱説明書|マトリックスヘアカラージェル

まず髪を染める準備として、特に慣れないうちは時間の余裕が十分にある時に行うのがおすすめです。

1.髪を洗うか、前日の夜に洗っておく

この時、髪は少し湿っていた方がよく染まるみたいです。

でも私は朝髪を洗わないので、乾いた状態で塗布しました。

湿った状態は今度試してみてから追記したいと思います。

2.白髪に塗布します

実際に塗っていくのですが、ヘアカラージェルのキャップを空け、中ふたをはがします。

※次回以降キャップを開けるときは、中身が飛び出さないようキャップを上にして空けてください。

クシを使って塗布していきますが、付属はしていないので、毛染め用に一つ用意しておくと良いです。

ホテルなどでもらえるクシなんかはちょうど良い気がします。

塗り方ですが、クシに少しずつジェルを出し、そのまま髪をときます。

塗布したところは濡れたようになるので、確認しながら塗布していきます。

最後におでこ等についたジェルをふき取り、手やクシについたジェルをキレイに洗い流します。

万一服についてしまった場合には、すぐに水と石鹸などを使って洗い流します。

3.髪を自然に乾かします

ヘアカラージェルが乾くまでそのままにしておきます。

ドライヤーなどは使わないほうが髪に浸透するみたいですね。

気温や湿度によりますが、30分ほどで乾きます。

どうしても早く乾かす必要がある場合にはドライヤーを送風モードで使用することをおすすめします。

乾くとハード系の整髪料みたいくなります。

でもクシでとけばパラパラっと崩れます。

4.光に当てる

後は1日光に当てるだけです。

時々かき分けたりして、髪の位置を変えてあげると、効率的に着色してくれます。

5.夜シャンプーする

正直、ヘアカラーを付けていることを忘れてしまうほどなので、忘れずにシャンプーしましょう。

普通に洗えば大丈夫です。

 

使い方は以上ですが、同じところに塗るのは連続で3回まで可能です。

その後は日数を空ける必要があります。

ヘアカラージェルの購入はこちら

詳しい購入方法はこちら

使用した感想は?

使ってみた率直な感想は、「もう戻れない」です(笑)

臭いはほとんどなく、かすかにさわやかな香りがする程度でした。

乾いてしまえば臭いもありません。

皮膚についた時にも私の場合はかゆくなったり、違和感はありませんでした。(個人の感想です)

刺激がほとんどないのは助かりますね。

それから肝心の染まり具合ですが、塗って1時間で色の変化が感じられ、そこからさらに着色していく過程を確認することができます。

染め終わってシャンプーで洗い流しても、1週間程度は着色が強まる傾向がありました。

それから20日程度は色落ちもほとんどない感じでした。

私の場合は染めてから25日程度で色落ちと髪が伸びた分の白髪が気になりだしたので、そのくらいの日数を目安に再度染めることにしました。

デメリットは?

デメリットと言えば、塗ってから乾くまで待つ必要があるところです。

これには理由があります。

自然に乾かした方が良い理由

何かを塗布して浸透させるときには液状のものを使います。

理由は液状でないと浸透していかないからです。

固体のものに固形のものは浸透しないことは想像がつくと思います。

なので、ドライヤーで急速乾燥してしまうと、成分が中まで浸透せずに、染まり方が不十分になってしまう可能性があるんですね。

時間がある時に塗布する

朝時間がない時に不用意に塗布してしまうと、乾くまで着替えられないなんてことになりかねません(笑)

なので、何度も言うようですが、時間があるときに使いましょう。

とはいっても塗ってあとは放置なので、特にやることもありません。

お昼に塗っても良いですし、そのあとしっかり光に当たれば問題ないです。

 

ヘアカラージェルの購入はこちら

詳しい購入方法はこちら

使用の頻度は?

髪の伸びるスピードとも関係してくるのですが、私の場合には25日から1か月に1度しっかり染める程度で良いと思っています。

このヘアカラージェルの使用方法としては、同じ個所に連続で3回まで染められることになっています。

というのも、1回目よりも2回目、2回目よりも3回目が色が濃くなるという色の調整を行うためです。

3回染めたらその個所は20日以上空けます。

もし1回目の色で満足であれば、2回目は必要がないということになります。

トリートメントタイプより長持ち

シャンプーした時の色落ちは少ないので、染めた部分は長持ちします。

取説にもそのように書いてあるのですが、実際にシャンプーしてみると、確かにシャンプーで色が落ちるような感じはありません

私が以前使用していたよくあるトリートメントタイプのヘアカラーは色落ちするので、染めるのをサボっているとすぐに白髪が”こんにちは”してました。

なので私は今のところ、マトリックスのヘアカラージェル以外、選択肢はありません。

使用上の注意点は?

使用上の注意は特に気を付けたいのが、他の白髪染めとの混用です。

違う白髪染めと併用するような使い方はできないようです。

これをしてしまうと、思わぬ色に変色することもあるので注意してください

以前の白髪染めの色が残っているときは、目立たないところで試してから全体に使用してください。

色は明るめ

色は染める回数ごとに濃くなっていきますが、ブラウンに近い発色となっています。

髪や地肌に優しいジアニンフリーのヘアカラー

ジアニン系酸化染料と呼ばれる成分を使わずに染めるタイプのヘアカラーなので、体に優しいんですね。

刺激臭もなく、肌についてしまったときもかゆくなったり、赤くなったりしにくいです。

私はジアニン系の染料が本当に苦手なのでずいぶん前から使用をやめていました。

また、トリートメントタイプの緩効性のヘアカラーだと、体に害は少ないですが、うまく染まらないのが難点なんですよね。

その点、マトリックスのヘアカラーは感光性なので、1日かけて塗ったところが光に当たるとしっかり染まります

塗っていることを忘れてしまうほど、乾くと臭いも刺激もないです。

ヘアカラージェルの購入はこちら

詳しい購入方法はこちら

潤い成分は幹細胞コスメでもおなじみの美容成分

マトリックスエキス 楽天で購入

マトリックス化粧品ブランドのヘアカラーの特徴ともいえるのが、マトリックスエキスにも使われているヒト脂肪細胞順化培養液エキスを配合している点です

その他に次のような各種グロスファクターを配合しています。

  • EGF・・・上皮成長因子
  • KGF・・・角化細胞成長因子
  • IGF・・・インスリン様成長因子

各種グロースファクターについては他の記事でも詳しく解説しています。

メンズ、レディース兼用だから家族で使える!

このヘアカラージェルの良いところは、男女兼用であるところです。

その代わり色は1色のみで、シンプルです。

次のような方におすすめです。

  • 白髪染めに時間をかけたくない方
  • 体に害のあるヘアカラーをやめたい方
  • まんべんなくきれいに染めたい方
  • 部分的に使いたい方
  • 染める時間がない方

ヘアカラージェルの購入はこちら

詳しい購入方法はこちら

タイトルとURLをコピーしました