2021年1月取引|トレード日記バイナリーオプション

トレドスコーピオンバイナリーオプション日記

1月の取引内容

ブログで公開する最初の取引記録です。

取引の記録なので、体裁等が整っていなかったりしますがご了承ください。

今日はブログでの最初の記録ということで、今月の取引を整理したいと思います。

2021年1月22日バイナリーオプション取引記録

今年に入ってから取引を始めたのは18日からです。

取引7回中、勝ち取引は5回、勝率は71%

エントリーの根拠

今回はスクリーンショットを撮り忘れているので画像がありません。

次回からはスクリーンショットを撮っていこうと思います。

手法の基本はインジケーターやレジサポラインを指標とした逆張りです。

逆張りと聞いて危ういと感じるかもしれませんが、あくまでもエントリーは逆光の予兆をとらえてからになります。

そこで私が使っているツールはトレンドスコーピオンというツールです。

もう1年半ほどお世話になっている優良ツールで、利用者の評価も高いです。

最近アップグレードもされましたし、その他のサポートも充実しているので、気になる方は覗いてみて下さい。

巷にあふれる高額教材やツールとは桁が一つ少なく良心的です。

トレドスコーピオン

https://www.infotop.jp/click.php?aid=375957&iid=89528

このツールを使うと、法則性が見出せます。

人間は何も基準がないと行動が取りずらい生き物なので、こういったエントリー根拠を表示してくれるツールは有効です。

もちろん物事に絶対はありませんし、誰がどのポイントで仕掛けてくるかは本当のところは誰にも分からないんです。

でも、その中でもエントリー根拠を複数組み合わせることで、勝率は高めていくことができるんですね。

改善点や反省点

実は今月、致命的ともいえるミスをしてしまっていました。

それは、通貨ペアの選択ミスです。

なんと、チャートで見ていた通貨ペアと、取引通貨ペアを間違えていました。

気付いたときに転売したので、利益は取ることはできませんでした。

でも狙っていた通貨ペアでは予想通りの動きをしましたので、良しとしました。

取れなかった利益は勉強代だと思って割り切りました。

よくよく考えると根本にある原因は、集中できる環境ではなかったことなんです。

出先でパソコンを開いたときにたまたま見つけたポイントでした。

集中できる環境ではないというのは、例えばテレビがついていたり、人が話しかけてくるような環境がそれです。

このような失敗をしたときは、「やっちまった」で済ませないことが大切です。

面倒ですが、原因を考えるクセを付けると、トレードにも生かされます

トレード日記をつけるワケ

最後にこのトレード日記をつける理由について再度整理しておきたいと思います。

この日記はまず、私自身が読み返すことのできるような構成で書いています。

なので意味不明なところもたまにあると思いますw

でも一応、他の人が読んでも良いように書くことで、私はトレードの内容を他人に説明することと同じ効果を得られます

すると私自身の記憶に強く定着するというわけです。

また明日から平日が始まります。

コツコツ積み上げてまいります♪

 

タイトルとURLをコピーしました