2021年2月4日と5日取引|トレード日記バイナリーオプション

バイナリーオプション日記

2021年2月4日木曜日|取引内容

 

今回の取引はAUD/JPYの5分取引LOWエントリーです。

結果は転売(勝ち)でした。

トレンドスコーピオンの画像がないのですが、転売をしたあたりで転換点になりうる根拠が一つありました。

再度上昇の懸念があったので利確してしまいましたが、結果としてそのまま下落していったため、転売しなければ利益を伸ばしていた局面でした。

2021年2月5日金曜日|取引内容

 

この局面では、USD/JPYの5分LOWエントリーです。

エントリー根拠は買われすぎサインと、日足のアッパーバンドです。

一旦下落すると見せかけて、再び上昇(笑)

時間的には売買が盛んになる時間帯で、単純に狩られてしまったという感じの動きでした。

つまりこれがダマシですね。

多くの人が注目する局面で、わざとロスカットさせるという業ですね。

多額の資金による買いが入りました。

今ちょうど勉強中の局面だったので、負けたけど勉強になりました。

個人的な意見ですが、USD/JPYはこのようなダマシに合う確率が高いように感じます。

そりゃそうですよね。

日本の取引時間が始まったばかりのタイミングで、1番と言っていいほど注目される通貨ペアです。

私はハイローでは逆張り手法をとっているのですが、値動きが大きすぎるときは取引しません。

大きすぎるといけないのは、やっぱりダマシに合う確率が高くなるからですね。

大口に狙われて、相場の転換点では大衆心理を利用されてしまう確率が高まります。

と、最近勉強していろんな点と点がつながってきました。

話は戻るのですが、私の場合はバイナリーオプションの取引は逆張りになるので、USD/JPYは個人的に相性が悪いです。

今回なんかは、市場が注目している時間帯に取引をしてしまい、まんまと騙された感じになっています。

気を付けたいですね。

そして、取引通貨を絞る観点から、USD/JPYでの取引は除外しようと思います。

FX取引では、順張りなのでUSD/JPYも取引対象ですが。

反省点

最近は転売が多く、中々自分がチャンスだと思った根拠を信じられないでいます。

超短期の逆張り取引なので、臨機応変に転売をしてしまうのが完全悪いことだとは言い切れませんが、私の場合には単純に資金が減ってしまうことへの恐怖心からくる部分が大半を占めてていると思います。

金額をみて決めるのはあまり得策ではなく、根拠のない曖昧な取引になりがちなので、そういった取引を意識的に減らしていけたらと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました