【3,000円クーポンあり】ウーバーイーツ初回注文でモッピーポイント

モッピーの最新情報

クーポンもモッピーポイントもUber Eatsをお得に始める方法

この記事では、ウーバーイーツ(注文)をお得に始める方法について解説しています。

皆さんはウーバーイーツの事をもちろんご存知かと思います。

地域問わず、小学生でも知っているのがウーバーイーツですよね。

でも意外と知られていないのが、その利用価値です。

今回はまだ利用したことのないあなたにその隠れた魅力も踏まえて、お得にウーバーイーツの利用を始める方法をご紹介したいと思います。

また、ウーバーイーツの注文をずっとお得にできる方法を記事にしました。

よろしければ最新記事をどうぞ⇩

【モッピーポイ活】ウーバーイーツをポイントサイトで安く頼む方法
ウーバーイーツをポイ活で安く頼む方法を解説 【ポイ活サイト】モッピーを経由してウーバーイーツを注文 今回の記事では、ウーバーイーツを安く頼む方法を詳しく解説しています。 最初に答えを言ってしまうと、ウーバーイーツを安く頼む方法...

案件詳細はこちら Uber Eats  フード デリバリー(初回注文)

もう使っている方はこちらからどうぞ

モッピーにまだ登録していない方限定!登録利用で2,000ポイントもらえる。

賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

※ご紹介しているポイント数には変動があります。ご了承ください。

【初回注文は格安】始めるならウーバーイーツ

UberEatsは利用を開始する人にとって、とても始めやすいサービスで、初回に至っては、タダみたいな価格で商品を配達してくれます。

お試しの意味合いが大きいんだと思います。

利用してみて自分に合っていなければやめればいいだけなので、とっても嬉しいサービスです。

今回はモッピーを経由することでモッピーポイントももらえちゃうという内容です。

早速ご紹介していきます。

案件詳細はこちら Uber Eats  フード デリバリー(初回注文)

ポイント獲得の条件 初回注文後の配達完了

ポイント予定反映 3日程度

3,000円クーポンは「専用プロモーションコード」を必ず使用してください!

他のクーポンコードを利用してしまうと、モッピーポイント付与対象外になってしまいます。

案件詳細に「専用プロモーションコード」があります。

追記 4月10日現在

クーポンは1,200円分となっています(4月30日まで)

料理が届くって予想以上に便利!

ここからは、ウーバーイーツを利用するメリットについて解説していきます。

結構この点に気づいていない方は多いので、興味のある方は読んでみて下さい。

【超時短】料理しないし買いにすら行かない

UberEatsを利用するメリットの一番は時間が節約できる点です。

仕事が忙しい時でも、大事な時間を使って買いに行かなくてもスマホで食べたいものを注文するだけです。

また、忙しい主婦の方でも、夕飯を注文すれば買い物や調理の時間をゼロにすることだって可能です。

そしたらお友達と夕方までお茶することだって可能になっちゃいます。

宅配ボックスに入れてもらうようにしたら、家にいなくても置き配で受け取れてしまいます。

案件詳細はこちら Uber Eats  フード デリバリー(初回注文)

お金で時間を買える代表的なサービス

「便利だけど、お金がかかるんじゃないの?」と思われるかもしれません。

でもこの点に関しても、間隔をあけてうまくりようすれば良いだけです。

使うか使わないかという見方ではなく、たまに使うくらいにしておけば、自分の重要度の高いことに時間を使えるんです。

これは贅沢という見方もできます。

でも私たちは限られた時間の中を生きているんですよね。

お金で時間を買えるとなったときにお金を使える人は、自己投資の上手な人です。

賢い人は全ての時間がお金で買えるわけではないことも知っています。

ですから、買えると分かっているところで迷わずお金を使うことができるんですね。

利用者で作るUber Eatsというインフラ

また、Uber Eatsは今やインフラと化している面がありますよね。

もうそれがない世界には戻れないという方も中にはいるでしょう。

でも、まだ使ったことのない人の中には、「我が家は地方だから」と利用することを躊躇していた人も多くいると思っています。

実際、配達エリア内だったとしても、利用者がエリア内になったことを知らなかったりします。

私は実際に配達をした経験から分かっていることがあります。

それは、使う人が増えなければインフラは成立しないということです。

Uber Eatsは圧倒的な知名度から、それを実用レベルまで一気に普及させた会社です。

でもこれまでエリアではなかったところまでサービスを普及させられるかどうかは、利用者がその利用価値を理解しているかどうかの違いが大きく影響すると考えています。

実際、注文数も伸びずに廃止になった国もある(チェコやエジプトなど)

今年になって、日本では47都道府県で展開が開始されましたが、今後間違いなく、収益の取れない地域が明確になってくると思われます。

実際に配達員も少ない地域ではサービス品質の維持もできず、撤退せざるを得ない地域もあると感じています。

結局何が言いたいかというと、自分の住む地域にUber Eatsを残したいのであれば、継続して使い続けることが、サービスの維持につながるということです。

もし撤退してしまったら、2度と戻っては来ないですからね。。

案件詳細はこちら Uber Eats  フード デリバリー(初回注文)

もう利用を開始している方はこちらから

タイトルとURLをコピーしました