【よくある質問】モッピーは安全ですか?利用者の注意点を解説

モッピーは安全?評判

モッピーは安全ですか?知っておきたい事実と利用上の注意点とは

この記事では、よくある質問の「モッピーは安全なのか?」について解説していきます。

結論から言えば、正しく利用すればポイントはしっかりもらえるというのが、筆者の私の認識です。

というのも、モッピーを2年以上利用してきて、ポイント獲得が正常にできなかったり、ポイント交換ができなかったりというトラブルは1件も起きていないからです。

とはいえ、この答えでは納得がいかないと思うので、細かく解説していこうと思います。

ここで「納得した!」という方は、次のリンクからモッピーを始めて頂くことで、入会キャンペーンの2000ポイントがもらえます。※獲得条件は5000ポイントを稼ぐことです。

アプリから登録の場合は紹介コード「48Mbe1f1」を入力

モッピーの知っておきたい事実

モッピーはどんな会社?

ところで、モッピーってどんな会社なんでしょうか?

モッピーは運用開始から15年以上の老舗ポイントサイトです。

会社名は「株式会社セレス」という会社で2014年に東京証券取引所で上場しています。

上場というのは大きい会社である証みたいなもの。

社会的信用も上場していない会社と比べると高いといえます。

実はもっと運用歴の長いポイントサイトもあるのですが、モッピーの成長率は群を抜いています。

個人的には運営会社の経営理念がとても好きです。

”インターネットマーケティングを通じて豊かな世界を実現する“

つまり簡単に言うと「共に豊かになりましょう」ということかなと(笑)

未来構想も素晴らしく、電子マネーのほとんどを取りまとめるような大規模な構想があるようです。

⇒株式会社セレス公式HP

会員数が1000万人ともなれば、今後数年でさらに会員数を伸ばし、実現可能なのではないでしょうか。

このブログもそのほんの0.01%くらいのお手伝いができたらうれしいと思っています。

⇒モッピーの新規登録

利用者の多さは信用の多さ

次に、モッピーの利用者数を見てみましょう。

私がモッピーを始めた2020年はモッピーの利用者数が約800万人でした。

それから約2年が経過して、2022年には利用者は1000万人となりました。

つまり毎年100万人のペースで増え続けているのです。

これだけ利用者が増えるのは、信用があってこそです。

そして、人気の秘密は、利用者が多い事で、優良な広告案件が集まるところです。

利用者が注意しなければいけない事

色々良い事ばかりを書いてきましたが、モッピーの評判を見ていると、あちらこちらで、ポイントが反映されないといった意見を目にします。

私はポイントが反映されなかったことがないのですが、なぜポイントが付かないなどのトラブルがあるのでしょうか?

【基本】広告案件を利用する際に注意すること

リンクを正しく経由する

よくあるのが、「リンクを正しく経由していない」という可能性です。

例えば、モッピーの案件詳細画面の「POINT GET」ボタンから広告主のページに移動してから、案件利用とは関係のないページに移動してしまったパターン。

いろんな情報を確認したい気持ちはわかるけど、広告主のページで他の情報を見た場合には、念のためモッピーの「POINT GET」ボタンをタップしなおす必要があります。

この操作が必要な理由は、利用者の情報が途切れてしまっているかもしれないからです。

「POINT GET」を押すと利用者情報は通常、モッピーから広告主側へと自動的に送られます。

この段階では広告主は個人を特定できませんが、後にこの情報がモッピー側で個人の特定に使われます。

ただし「POINT GET」ボタンを押した後に別のページを開いたりすると、この重要な情報が途切れ、広告主に送られない可能性があるんですね。

「POINT GET」を押した後は他の事をせずに案件を利用することで、安全にモッピーでポイ活を楽しめます。

iPhone利用時にはトラッキングの設定をする

このブログでも過去に取り上げているのですが、iPhoneでモッピーを利用する際にはトラッキングの設定が1度は必要になります。

詳しくは「【iPhoneやMac設定】モッピーのポイントが反映されない?やるべき設定とは」をご覧ください。

この記事には一定数のアクセスがありますが、そのほとんどがWEB検索からです。

あえて公式ではなく、WEBからの検索があるということは、ポイント反映がされなかったなどの経験をされた可能性があります。

ただ、設定されしておけば、モッピーを安全に利用できるので、当ブログでも繰り返し注意喚起しています。

日本ではiPhoneの利用率が高いので、どうしてもこの設定をしていなくてポイントが付与されなかったなどのトラブルが発生するものと予想されます。

それが悪い評判につながるのは悲しい事ですが。

ポイント獲得条件をよく読む

広告案件にはポイント獲得条件があります。

例えば、「クレジットカード新規発行翌月末までの利用」となっていれば、カードを新規発行しただけではポイント付与の対象にはなりません。

このほかにも、カードのデザインによってはポイント獲得対象外だったりするので、獲得条件をよく読んでから案件を利用しなければいけません。

こういった獲得条件の見落としがポイント獲得できないなどのトラブルにつながり、悪い評判を生み出す原因になっているケースがあるんですね。

ただ、これもポイント獲得条件さえしっかり確認しておけば、安全に利用することができます。

ここまで、利用者がポイントをもらうために注意しなければいけない基本的なことを解説してきました。

次のリンクからモッピーを始めて頂くことで、入会キャンペーンの2000ポイントがもらえます。※獲得条件は5000ポイントを稼ぐことです。

アプリから登録の場合は紹介コード「48Mbe1f1」を入力

PCなどの画面の大きい端末が有利

ここからはさらに掘り下げて解説していきます。

「まだ心配だ」という方には読んでいただきたい内容です。

私が個人的に気を付けていることが「PCで案件を利用する」ということです。

理由は3つあります。

  1. 画面が大きいので、情報入力の状況が把握しやすい
  2. 開いているタブが一目で分かる
  3. 誤操作しにくい

広告案件を実際に利用してみると分かるのですが、スマホだといろいろ使いにくさがあります。

スマホなどの小さい画面だと情報入力時に体裁が崩れていて表示が欠けてしまったり、開いているタブが切り替わったことに気づかなかったり、誤操作で押すべきでないボタンをタップしてしまうことすらあります。

これらの理由から、PCを利用する環境がある方はなるべくPCの利用をお勧めします。

ちなみにブラウザはchromeを使っています。

ただ、スマホに慣れている方も多いので、人それぞれかもしれません。

モッピーは不正利用の防止に取り組んでいる

気軽に利用できるのがモッピーの特徴。

でもポイントは現金化することのできるポイント。

現金をもらうのと同じですよね。

そのあたりの利用による責任は利用者にも当然あるわけです。

広告案件をモッピーから利用する特典としてポイント付与するわけですが、その費用は広告主が支払っています。

広告料を支払っている以上、条件通りに利用してもらえなければ当然ポイントは付与されません。

モッピーは広告主や商品やサービスの利用意思のない者に対しての規制を強化していて、利用者に対してだけでなく、広告主に対しても不利益がないように配慮しています。

当然ですが、不正利用者に対してはポイントが付与されないだけでなく、アカウント凍結などの措置が取られる可能性もあります。

不正防止を強化することで、広告主も利用者も安全にモッピーを利用することができるんですね。

【利用する前に】広告主はどの部分で収益を上げているのか?

広告案件の獲得条件をそのまま鵜呑みにする前に、少し考えることがあります。

それは、「広告を出している会社はどこで収益を得ているか?」ということです。

世の中の会社は例外なく、社員に給与を払い、会社の運営に関わる経費だけでも莫大な投資をしています。

つまり、収益は絶対に上げなければならないんですね。

そこで例えば、「無料セミナーに参加で5万ポイント!」なんて広告をよく目にします。

これだけ読んで飛びついてしまうと、痛い目にあいます。

当然、商品やサービスの勧誘が前提になっているからです。

もちろんモッピーの案件詳細にはそのような記載が必ずあります。

「自分は全部断るから大丈夫」と思っていても、「利用意思がない」と広告主に判断されてしまえば、ポイントは付与されません。

稀にこういった案件に飛びついた利用者に悪い評判を付けられてしまうケースもあるのではないかと推測しています。

この場合、広告案件が悪いというのではなく、広告主と利用者の利害関係の不一致が原因と言えます。

クレジットカード会社は誰から収益を得ている?

発行無料なのに高額ポイントがもらえる案件で、クレジットカードの発行があります。

あまり知られていませんが、クレジット会社は貸金業にあたりますが、手数料は利用者からは取らないというのが一般的です。

これが、クレジットカード発行が利用者にとってオイシイ案件となっている理由です。

ではどこから収益を得ているのか?

それは商品やサービスの提供者(お店など)が負担している手数料にあります。

その手数料は高額であることは業界では広く知られています。

契約の内容にもよりますが、決済金額の5%以上がほとんどのようです。

そんなこともあって、個人的には実店舗の経営はホントにハードルが高いと思っています。

ただ、クレジットカードの利用者側にはメリットが大きいですし、安全な案件と言っても問題ないかと思います。

クレジットカードの利用は計画的に。

【結論】正しく利用すればポイントはしっかりもらえる

ここまでいろんな事情や注意事項を書いてきましたが、結局モッピーにはお金を出してビジネスを展開する広告主がいるわけです。

ポイント獲得条件をすんなり受け入れられないようなら、その案件利用は避けましょう。

ポイント獲得条件と注意事項を守ってモッピーを利用すれば安全に利用でき、ポイントが反映されない事なんて基本的にはありません。

今回の記事が参考になったという方は、下のリンクからモッピーに登録して頂けたら幸いです。

⇒モッピー入会キャンペーン(条件達成で2000ポイント)

このブログではモッピーの稼ぎ方についても書いているので、登録後も見て頂けたら嬉しいです。

稼ぎ方

モッピーの稼ぎ方についておすすめ案件やクレジットカード、キャンペーンなど、テーマごとに紹介しています。

関連記事

モッピーの評判「安全ではありません」の本当の意味とは?
【今は出ない】モッピーの評判?「安全ではありません」について解説 モッピーの評判でよくある「安全ではありません」の正体は、iPhoneなどの標準ブラウザ(Safari)で表示されるセキュリティーの警告です。 新しいセキュリティ対策が...
タイトルとURLをコピーしました